タグ:藤巻亮太 ( 5 ) タグの人気記事

明日の歌旅2013

亮太くんのツアー
明日の歌旅2013に行ってきました。

参加した公演は2公演♪

10/11・大阪 OBP円形ホール
10/16・京都 磔磔

約1年ぶりの亮太くんLIVE


オオカミツアーは参戦できず不完全燃焼。
その後、リリースも全くなかった中でのツアー発表。

つまり新曲(未発表曲)中心
そしてバンドではなく弾き語り。

ツアー発表になったときは嬉しかったけど
気持ちは上がりませんでした(苦笑)

理由はいろいろあるんだけど
ツアー内容?!が未知数すぎて想像もつかなかったし、
何よりその前に立て続けに行ったナオトLIVEが楽しすぎたww


…なので、ライブ当日まで何も触れず、聴かずで行ってきました。
ネタバレも基本的に自分からは見なくて
時より入ってくる情報だけ。
レミオの曲も歌った、とかね。

なんか前置きが長くなったけど結果的にそれで良かった。
ただシンプルに亮太くんの音楽を聴き入ることができた^^






**SET LIST**

かなり曖昧なので、違うかも。
()は京都での演奏曲



春の嵐
四季追い歌
かすみ草

明日の歌
音の花
8分前の僕ら
オオカミ青年
twilight
愛という字の心の中に

死にたいくらい
フラミンゴ

月食(指先)
命みたいな日



~アンコール~

アカシア(アイランド)
名もなき道

太陽の下



***********

備忘録。


@大阪

初めて聴く曲ばかりだから
もの凄く集中したとういか、何というか。

「春の嵐」や「8分前の僕ら」すごく好き。亮太くんっぽい。

「死にたいくらい」は衝撃的
ありがとう~から始まるのにメロディラインは暗いし
サビ?Cメロ?のフレーズは…もの凄く生々しさを感じた。
野口さんとの出会い(登山)や震災とかの影響かなり大きいよね、多分。

中学?高校?でこの曲を披露したけど
学生たちは唖然としてたという話。



アカシアでお世話になったギターの清水さんが特別ゲスト
(Salyuちゃんのサポとかもやってたとか?)
何曲か一緒にしてくれました。
レミオ曲はもちろんアカシア!!


MCは変わらず噛んでましたww
あと「明日の歌」を歌い直したり。
歌ってていきなり、あっ、間違えた…てね。

清水さんから褒められて
もっと褒めてくださいとかも言ってた。

昔より今の方がモテたくて音楽やってるかも発言。

寒くなると思って今ツアーのために
ニットやパーカーを買ったのにめっちゃ暑いから着れないとか
(しかもこの日は特に暑かった)



@京都

磔磔は前方は椅子。後方はスタンディング。
整理番号が悪かったのでわたしはスタンディング。

ステージサイドからの登場ではなくて
客席後方から出てきて…って感じ。亮太くん曰くプロレスラー式。
なので、アンコールも含めて数回往復。

近距離で亮太くん見れた!
しかもアンコールのときとか小走りしてて可愛いかった^^

ちなみに楽屋は2階にあるけど
天井が薄いのか足音が普通に響いてた(笑)


ステージと客席(最前)がかなり近かったようで
最初のほう緊張してたのか
チューニングに時間が少しかかってたかな。


MCは自由、緩すぎ。
台風の直撃も考え、間に合わなかったら困ると思って前入り。
鞍馬寺に観光。出町柳までタクシー。叡電に乗ったとか。
ここで下ネタもあって笑けた。今までなら前田さんの発言だったのに!


夏に行く、どこだっけ?あれ…?
貴船(地名)・川床を思い出せず、船場を連発。

リスを食べてお腹を壊した話。

俺クラスになると曲が降りてくると言う上から発言
(もちろん冗談ぽく言ってた)


「死にたいくらい」を歌い終わったあと
欲求不満だったんでしょうね…とか言い出す!




わたし自身、2公演目というのもあって気持ちに余裕をもって聴けた。
あとライブハウスのせいか
ギターの響きかた、奏でる音や歌声がすごく良かった!!

大阪とはまた違う雰囲気。

そして何より大阪では演奏されなかった「指先」と
レミオ曲がまさかの「アイランド」
この2曲が聴けたことが本当貴重。嬉しかった^^

「指先」聴きたくて仕方なかった。
「アイランド」の弾き語りは言うまでもなく凄かった。
演奏後、一瞬会場が静まりかえって、その後大喝采。




***********


今まで以上に言葉、フレーズに重みがあったり、
まさしく直球なラブソング!!感じのもあってビックリ。
逆にレミオ時代と変わらない情景が自然と浮かぶ作風ももちろん。


終わったあと、行って良かったと心から思った。
大阪と京都、会場の雰囲気・キャパが違ったから余計かも^^

とっても強くて骨太で、でも優しさや温かさが溢れてる。
想いがいっぱい詰まった、亮太くんらしいライブでした。




欲を言えば、もう1公演行きたい。
そして記憶が薄れないうちに早く音源化してほしい。
[PR]

by hime_sh | 2013-10-23 16:14 | 音楽のこと

藤巻亮太 LIVE 2012 “ECLIPSE”

藤巻亮太 LIVE 2012 “ECLIPSE”
2012/9/19 なんばHatch



ソロになって大阪で初めてのワンマンLIVE
レミオのLIVEに最後に行ったのが昨年3月の神戸。
約1年半ぶりに亮太くんにお目にかかりました(苦笑)


レミオの活動休止。そしてソロ活動。
時間が経っていったとは言え
いろんな想いが駆け巡ってたから
LIVEに行くまでやっぱり不安でした。
シングル2枚発表なって、
それなりに聴いてたけど聴き込んではなかったんだよね。

亮太くんを目の前にしたとき
素直に受け入れることができるかな?って。





でも、そんな不安は一瞬で消えてた。
ステージに現れた亮太くんを見て
わたし、泣いてたんだもん。自分でも驚いた。


ギターをセットして演奏が始まる。
シンプルな白シャツとデニム。
左足でリズムを刻む癖。以前と変わらない姿。
ちょっと伸びた髪がワイルドだったくらい(笑)


アルバムタイトル曲でもあるオオカミ青年からスタート
亮太くんが創り出す典型的な変則メロディ
ダークなかに感じられる力強さがたまらなく好き。
有無を言わさず世界観に引き込まれる。

「月食」の演出が本当凄かった。
ギターをかき鳴らす亮太くんも素敵だった。
ロックな部分もっと観たい、聴きたいて思った。


今回、2階席(指定)より参戦
距離はあるけど、角度もあるし見やすかった。
亮太くんが目の前というど真ん中の席^^
ステージ全体もよく見えたし
亮太くんの表情や視線の矛先もバッチリ。


2曲目以降に見せた笑顔。
あのキラキラした笑顔も健在。
グダグダのMCは変わらない。
会場から「頑張れー!」の声多々。
関空ネタは可笑しかったね。



アルバム収録曲、シングル。そして新曲。
大半以上が始めて聴く曲たちばかり。
でもそれが逆に新鮮で。


何の疑いも先入観もないからこそ
自分の気持ちや想いに気付けた部分。
気付いたら手拍子したり、
一緒にリズム刻んだりして音を体感してた気がする。


バンドとソロの違いが未だに分からない部分もあるけど
ただレミオではできない楽曲や世界観
伝えたい想いや葛藤があるのは事実。
アレンジもバンド時と違ったカラー。

レミオのフロントマンであろうとソロであろうと
藤巻亮太が(創り出す音楽)好きってことに変わらない。

それだけは分かったし、改めて感じた。




いろんなものを失って
そこから成長、進まなきゃいけない部分
今まで見過ごしてきたことが本来大事なことかもしれないし
向き合ってきたことが不要だったことなのかもしれない。


原点に返る。初期衝動を大切にしたい。
(アルバムでは下手ながらベースも演奏してるらしい…苦笑)
そんなこともラジオで言ってたね。





***SET LIST***


1.オオカミ青年
2.キャッチ&ボール
3.ハロー流星群
4.ベテルギウス

MC

5.ひとりぼっち
6.四季追い歌
7.twilight
8.月食
9.砂時計
10.光をあつめて

MC

11.ラッキー(新曲)
12,Beautiful Day

MC

13.指先


アンコール
1.パーティーサイズ
2.シーズンドライブ
3.HappyBirthday(新曲)




…ここまで書いといて
ソロLIVEとっても良かったのは本当だけど
オサくんや前田くんがいないことに
寂しさを感じたのもやっぱり事実。
[PR]

by hime_sh | 2012-09-21 16:00 | 音楽のこと

MTWB2012

今年のシークレットゲスト
まさかの藤巻亮太!!

不意打ちすぎる…。
心の準備なんてもちろん出来てなくて
ただただ観てるのが精一杯。
ちょっぴり泣きそうにもなった。

オオカミ青年
月食

2曲披露
アルバムとライブの告知。
[PR]

by hime_sh | 2012-07-29 18:22 | 音楽のこと

LIVE 2012 “ECLIPSE”開催決定!!

やっと、やっと、やっとだね(苦笑)

関西でライブ決定!
まさかのアルバム発売前( ´ ▽ ` )ノ

待ってたよ~亮太くん。

http://www.fujimakiryota.jp/eclipse/
[PR]

by hime_sh | 2012-07-17 14:38 | 音楽のこと

ソロ活動

12月6日
山梨の空はどんなだろう?と思って迎えた朝。

1年前の今日。地元山梨へ向かっていました。
結成10周年をお祝いするために。


今朝、HPで亮太くんのソロデビューを知りました。
http://www.remioromen.jp/info111206.html
衝撃的で複雑な感情しか沸いてこなかった。


全国ツアーが終わって、落ち着いた今年。
3人での活動はほとんど見られなくなりました。
個々の活動が目立つようになって
不安や寂しさも出てきたし、心配にもなった。


前田くんは他アーティストのプロデュースやサポート
legoのアルバムのプロデュースやSMAP(カップリング曲)提供とか。
亮太くんは皆川さんたちと被災地へ歌の炊き出し。


先月のTDWに亮太くんがソロで出演
同イベントの別日、前田くんがナオトくんのサポートに急遽入ったこと。
違和感を感じたのはわたしだけじゃなかったはず。

前田くんがサポートに入ることが問題じゃなくて
亮太くんも出るイベントに彼らが別々に出演したこと。
(この時点でソロは確定してたんだとは思う)

そしてこのイベントで新曲「光をあつめて」披露されたんだよね。
新曲を聴いたお友達は亮太くんらしい世界観だったと言ってた。


レミオロメンの楽曲のほとんどは亮太くんが作詞・作曲


ソロでしか描けない世界観て何だろう?
3人では奏でることが出来ないの?

ソロデビューじゃなきゃダメなの?



答えはもちろん出ません。
ソロ活動するにあたって3人で話し合ったと思う。
社長にも相談したとも思う。


もちろん、彼らが決めたこと、納得してるなら
応援はしたいと思うんだけど
まだ前向きな気持ちにはなれない。


歌を聴くと涙が止まらないのはなぜ??

3人に会えるのはいつになるのか。
そればかり考えてしまうわたし。
[PR]

by hime_sh | 2011-12-06 21:37 | 音楽のこと